お客さん注目の繁盛している美容室の店舗デザインには共通する特徴あり

店舗デザインの重要性について解説している記事です。人気のある美容室には共通点があります。その共通点を知り、開店する美容室の店舗デザインに役立てましょう。

美容室は、店舗デザインが売り上げに大きく影響するビジネスです。ただ、店舗デザインはビジネスを始めてから大きく変えることが難しいため、開業時にしっかり作る必要があります。開業時にしっかり店舗デザインを作ることで、ビジネスを軌道に乗せることが可能です。本記事では、美容室の店舗デザインが重要な理由、そしておすすめの店舗デザインについて解説しています。美容室の開業をお考えの方に役立つ内容なので、ぜひ読んでみてください

繁盛している美容室に見られる共通点

人気のある美容室の店舗デザインには、顧客を引きつける共通点がいくつもあります。美容室は、顧客が比較的長く過ごす場所ですから、リラックスして過ごせるようにデザインしなければなりません。

コンセプトが明確

美容室にはそれぞれ特徴があります。主に若者をターゲットにしている美容室、中高年をターゲットにしている美容室など、それぞれの美容室にはそれぞれのコンセプトがあります。顧客は、そのコンセプトが自身に合ったものだと感じられれば、その美容室を訪れたいと思うでしょう。繁盛している美容室は、コンセプトが明確で、顧客にとってわかりやすいのです。

非日常感が演出されている

顧客が美容室に求めているものは、カットやパーマの腕だけではありません。美容室の雰囲気を感じながら、日常では感じられない落ち着きや癒やしを得たいと考えているのです。繁盛している多くの美容室には、そんな非日常感があふれています。

写真を撮りたくなる

今はどんなビジネスでもSNSの存在を無視できません。特に若い女性ユーザーの多いInstagramは、美容室にとって最高のマーケティングツールです。顧客にもたくさんのSNSユーザーがいるはずですから、彼らに「写真を撮りたい」と思わせる雰囲気を作ることがとても重要になります。繁盛している美容室には、写真を撮りたくなる雰囲気が備わっています。

ゾーニングや動線が考えられている

美容室を訪れる顧客は、カットやブロー、パーマのためだけに訪れるわけではありません。彼らにとって「癒やされる場所」だから美容室を訪れているのです。多くの繁盛している美容室は、ゾーニングを導入しています。ゾーニングは、たとえば、カットをする場所とシャンプーをする場所を分けるような、スペース設計のことです。このゾーニングには当然、顧客だけではなく、美容室で働くスタッフの動線が考慮されています。ゾーニングや動線の設計には、移動のしやすさだけではなく、ほかの顧客が気にならないようにするなどの配慮も必要です。

他人が気にならない設計・見たくないものが見えない設計

他人が気にならない設計。これは、今、ご紹介したゾーニングとも関係があります。顧客は居心地の良さを求めているわけですから、繁盛店にしたいなら、美容室はその願いをかなえなくてはなりません。美容室は移動もありますが、比較的長い時間、同じ場所に座っていることが多いため、顧客は、鏡を通してほかの顧客と目が合ったりすると、気まずさを感じてしまいます。

同じことは待合室に座っている顧客にもいえます。座って待っているときに、スタッフスペースが目に入ってしまったり、レジの周囲に積み重ねられた伝票の山が目に入ってしまったりしたら、がっかりしてしまうでしょう。

距離感も重要です。特に知らない間柄の顧客同士の距離はとても重要です。カットのとき、イスの間隔があまりにも近いと落ち着きませんが、離しすぎてしまうと、それもまた落ち着きません。イスとイスの間隔には、絶妙な距離があります。小さなことのようですが、繁盛している美容室には、このぐらい細やかな配慮があります。

乱雑さがない

繁盛している美容室には「乱雑さ」がありません。美容室は、顧客が心地よく過ごしながら美しくなれる場所です。そんな場所が乱雑であっていいはずがありません。内装をしっかり整えたのに、備品や小物、商売道具などが整理されずに置かれていたら、顧客はちょっとがっかりしてしまうでしょう。たとえ商売道具であっても、空間との調和を考えて、整理整頓して収納しましょう。

美容室の店舗デザインは生まれ変わる顧客自身をイメージさせる

美容室を訪れる顧客には、程度の差こそあれ、変身願望があることは間違いありません。美容室を訪れる顧客は、その変身後の自身の姿を、美容室の店舗デザインからイメージしていると考えられます。

美容室のホームページなどで見かける髪型のサンプルは、確かに変身後をイメージする材料になります。しかし、多くの顧客は、サンプルそのものの髪型を求めているわけではなく、ポップであったり、ちょっとクールであったり、はたまたガーリーであったり、そんな雰囲気に変身したいと考えているのではないでしょうか?

繁盛している美容室は、顧客にとって、変身後の自身の姿がイメージしやすい美容室です。美容室の店舗デザインは、それそのものが顧客に語りかけます。だからこそ、大切にしなければならないのです。

おすすめの店舗デザイン

美容室の店舗デザインは、店のコンセプトをしっかり落とし込んだ、顧客のニーズをかなえるためのデザインです。

もちろん、それぞれの美容室にはオリジナリティがあり、そのオリジナリティにより競合店との差別化を図っているわけですが、美容室の店舗デザインをスタイルで分けることは可能です。ここからは、美容室によく採用されている店舗デザインのスタイルについてご紹介します。

ナチュラルスタイル

ナチュラルスタイルは、あまり飾らない、自然で優しい雰囲気が感じられるデザインです。小物や雑貨などもナチュラル素材の物が合うでしょう。家具や小物のチョイスを変えることで、比較的幅広い年齢層にアピールすることが可能です。

アンティークスタイル

アンティークスタイルの店舗デザインも人気です。落ち着いた雰囲気があるスタイルですが、色使いやトーンを変えることで、また違った魅力を引き出せます。幅広い年齢層に人気です。

ラグジュアリースタイル

高級な雰囲気をかもし出すなら、お金を惜しんではいけません。ラグジュアリースタイルを追求する場合、デザインにはお金がかかりますが、使うべきところにはしっかりお金を使ってください。カラーや光を利用して高級感を演出することも可能ですが、ニセモノの高級感では顧客は満足してくれません。

ポップ&カラフルスタイル

ポップでカラフルな内装の美容室は、比較的若い年齢層に人気です。ガーリーなイメージを感じさせるからでしょうか?ポップなカラーとレトロを組み合わせるのもおすすめです。

北欧スタイル

アースカラーが特徴の北欧スタイル。北欧は、凍える冬が長く続くエリアですが、そんな風土だからこそ生まれたのが、温もりを感じられるようなデザインです。北欧スタイルは雑貨やインテリアでも人気ですが、美容室の内装デザインでも居心地の良さが演出できますね。

まとめ

美容室の店舗デザインは、顧客を引きつけるとても重要な要素です。繁盛している美容室の店舗デザインには共通点があります。その共通する要素を店舗デザインに取り入れることで、あなたが開く美容室を成功に導きましょう。